古代最強のローマ軍団の象徴の武器「グラディウス」とは?戦い方も

中世、古代の装備や兵器の解説

世界の歴史の中で、ローマのグラディウスほど戦術的に重要な武器はほとんどないだろう。

とまあ、そんなかっこいい事を言ってもほとんどの奴等は「??」って感じだろう。

この短い剣が古代の戦場で発揮する重要性を理解するためには、ローマの歴史家ティトゥスの話を引用するのが手っ取り早いだろう。

紀元前200年のローマ人とマケドニア人との間の戦争を記述する際に、ティトゥスは槍、槍投げ、および矢との戦いに慣れていたマケドニアのフィリップ5世の軍事力に対してグラディウスが与えた壊滅的な物理的および心理的影響について記したんだ。

首が完全に切断されたり、腕が引き裂かれたり、心臓が剥き出しになったり、その他の恐ろしい傷が戦場で一般的に発生したローマの歴史の中でリヴィーは次のように書いている。

『マケドニア人は初めてローマの軍事兵器とその素晴らしい軍事技術に直面していました。ギリシャとマケドニアの軍隊の主要な戦術的な形成はファランクスでしたが、ローマ人は何世紀にも渡って様々な部隊に分けられた軍団で組織されていました。マケドニア人とは異なり、ローマ人はマケドニアのサリッサのような長い槍を使用しませんでした。背が低くて丈夫なローマ人は、訓練と武器における彼らの優位性の効果を最大にするために手をつないで戦うことを好みました。ローマ軍団は、重歩兵の大規模な編成でした。その歩兵達はそれぞれ、兜、胸部の鎧、および大きな盾という非常に効率的で柔軟な防御装置を装備していました。しかし、ローマ軍の真の強さは、その兵士たちが使用している攻撃的な武器にあります。その武器が、グラディウス」でした。』ってな。

ローマ軍団のグラディウスの使い方

ローマ人が戦場で敵と遭遇した時に最初に使用した武器はピルムという長距離から敵の殺害または盾の使用を制限するために特別に設計された投げ槍だった。ピルムは、シールドまたは鎧のに刺さった後に取り除くのが非常に困難だ。ピルムが刺さった盾は重くなってファランクスの体型を保てなくなる事が多くなったんだ。

敵のファランクスが最初に槍投げのシャワーによって崩されたならば、ローマの軍団はグラディウスを腰から抜き、敵の懐に入り込んで殺し回ったんだ。

これらの戦術を使用して、ローマ人はさまざまな種類の敵歩兵を倒すことができた。ローマの兵士たちは集中的かつ継続的な訓練を通してグラディウスで効率的に敵を殺せるようになったんだ。

グラディウスが生み出した刺し傷はほとんどの場合致命的であり、特に敵が胴体に突き刺さったとき、それは死を意味した。グラディウスの事を調べると、どこでもグラディウスは突き刺すために用いると書いてある。

しかし、グラディウスは切断や斬撃のために使われるときにも効果的であることが証明されている。各ローマ歩兵は、発生する可能性のあるあらゆる戦闘状況に適応するように訓練された。それぞれの武器はさまざまな方法で使用される可能性があり、敵のミスや有利な勢いを最大限に利用する準備ができていなければならなかったんだ。まあ、兵士ならば当然の話ではあるがな。

例えば、密集して編隊をしているローマの軍団は、テストゥド戦術を取りながら敵ののどを切るように訓練されたそうだ。

ローマ人によって使用された武器の大部分はローマ人が発明した訳ではない。戦場におけるローマの優位性は、外国の軍事技術を採用し、そしてそれらを最も効果的な方法で使用する能力に由来していたんだ。

実際、ピルムと当時使っていた鎧は、ローマ人と戦ったケルト人やエトルリア人などの戦士たちによって初めて発明された。そいつらを倒した後、ローマ人は敵の装備の最も良い要素を採用したんだ。自分達が倒した相手の装備なら弱点も手に取るように分かるからな。

グラディウスの歴史

ある意味でローマ軍の最も象徴的で重要な武器とも言えるグラディウスは、本来「剣」という意味だった。グラディウスの起源は、Gladius Hispaniensisという完全で適切な名前で呼ぶと、より明確になる。

とにかくそのグラディウスは、現代のスペインとポルトガルの領土のイベリアで生まれた。

10世紀に東ローマ帝国で編纂された百科事典「スーダ辞典」は、ローマのグラディウスの地理的および歴史的起源への興味深い考察を提供してくれる。スーダ辞典はローマ人のお気に入りの武器の歴史についてのローマ人の伝統的な見方を教えてくれるんだ。

スーダ辞典によると、グラディウスは、鉄器時代にイベリアに住んでいた多くの部族の一つであるCeltiberians(セルティベリアン)によって発明されたという。他のイベリアの部族とは異な​​り、セルティベリアンは混血であったそうだ。そイベリア半島を横断するケルト人とイベリア人とのな。

そのおかげでケルティベリアンは近隣の部族とは全く異なる武器を持ち、革新的な技術で武器を製造したんだ。彼らの刀は短く、非常に鋭いという特徴を持っていた。

一方、領土を拡大し、勢力を伸ばしていった古代ローマは、紀元前264年、地中海貿易で栄えていた巨大国家カルタゴ(現在のチュニジア共和国付近一帯)とシチリア島をめぐってポエニ戦争を繰り広げる。

100年以上続いたこの大戦争の中で、古代ローマ人は中央アジアから西洋へ進出していたケルト人(古代ローマではガリア人とも呼ばれていた)と遭遇する。そしてその中にはセルティベリアンが発明した短い剣を用いる者が多くいたんだ。

それを見たローマ軍団は紀元前200年頃にそれを元に改良した彼らの主な武器としてグラディウスを採用したと推定されている。

グラディウスの特徴

現存しているグラディウスについて行われた最近の研究は、グラディウスが日本の刀のように鍛造されていたことを明らかにしている。

実はグラディウスが流行った訳には、当時の未熟な製鉄技術では長い剣が折れてしまうという理由もあったんだ。短くて刃が広いグラディウスを鍛造して作る事によって激しい戦闘でも耐えられるように工夫していた訳だ。

また、指の形に沿って彫られた木製の柄を刃に装着することでグラディウスにしっかりとしたグリップを与えた。この柄は権力者のものは様々な装飾が彫られたりもしたぞ。

グラディウスの種類

また、ローマ人はいくつかの異なるデザインのグラディウスを生み出した。軍の歴史家や考古学者によって使用されてきた伝統的な分類によると、様々な種類のグラディは3つの主要なタイプに分類することができる。年代順に、これらのタイプをマインツ型、フラム型、ポンペイ型と呼ぶ。この名前は見つかった場所に由来しているぞ。

3つのカテゴリーと元のグラディウスのHispaniensisとの違いは、実用的な観点からは重要ではありませんが、何十年にもわたる使用でこの武器の進化を理解するのに非常に重要だ。

Gladius Hispaniensis:紀元前216年頃から紀元前20年頃に使用された。刃の長さは60〜68 cm(24〜27インチ)。刀の長さは75〜85 cm(30〜33インチ)。刀の幅は約5センチ(2.0インチ)。これは数種類のグラディウスの中で最大の長さかつ重さだった。最大バージョンの最大重量は約1 kg(2.2ポンド)です。おそらく標準的な例では重さは約900 g(2.0ポンド)(木製の柄)。

マインツ型グラディウス

マインツ型はブレードの長さが特徴だ。の長さは50〜55 cm(20〜22インチ)。剣全体の長さは65〜70 cm(26〜28 in)。ブレードの幅は約7 cm(2.8インチ)。剣の重さ〜800 g(1.8ポンド)(木製の柄)

フラム型グラディウス

主な違いは三角形の先端だ。刃の長さは50〜55 cm(20〜22インチ)。全体の長さは65〜70 cm(26〜28 インチ)。刃の幅は約6 cm(2.4インチ)。剣の重さ700 g(1.5ポンド)(木製の柄)

ポンペイ型グラディウス

このグラディウスは、これまでで最も人気のあるものだった。この剣は平行な刃先と三角形の先端を持っていて、刃の長さはとても短い。
刃の長さは45〜50 cm(18〜20インチ)。全体の長さは60〜65 cm(24〜26 インチ)。刃の幅は約5 cm(2.0インチ)。剣の重さ700 g(1.5ポンド)(木製の柄)

西暦2世紀の終わりから3世紀の初めまでの間、グラディウスはローマの歩兵の武器から徐々に消えていった。ローマの戦術は彼らが直面している新しい軍事的脅威の結果としてゆっくりと変化していったからだ。帝国の終焉に向かって、ローマ軍は次第に重装甲騎兵と騎兵隊で構成されたエリート騎兵隊に変身しました。

新しい騎兵隊が戦場で優勢になった結果として、長い斬撃的な騎兵の刀が多く使われるようになった。これは無敵のローマ軍団が終わりへ進むことにも繋がっていった……

コメント