ソ連の開発した水中拳銃SPP-1の特徴や水中で使える仕組みを解説!

現代の装備や兵器の解説

よう、いらっしゃい!

ミリタリーブログ「WHITE ORDER」へようこそ

今回はとっておきの銃、ほとんど知られていないマニアックな銃の紹介だ。海外の記事を探してもほとんど見つからなかったりと本当に情報が少ない。

その名もSpetsialnyy Pistolet Podvodnyy !!

通称SPP-1!!(ロシア名は
СпециальныйПистолетПодводный )

水中拳銃というだけでも驚くに値するんだが、一番俺が面白いと思ったのはその見た目だ!

少ないが、情報や写真をまとめたから読んでくれよな!

水中拳銃SPP-1の概要

СпециальныйПистолетПодводный 
Spetsialnyy Pistolet Podvodnyy 
特別目的水中拳銃

ソ連が開発した特殊な水中拳銃の一つだ

ソビエトの水中ピストルであるSPP-1(水中特殊ピストル)は、ダイバーにとっての個人兵器であり、水中にいる敵部隊や、捕食者の両方を破壊するのに役立つ。

1971年から採用されてAPS水中ライフルと共に、現在もロシアと多くの国で使用されているぞ。

水中拳銃としてはH&Kが開発したH&K P11と比較され、西欧圏の水中拳銃がP11であれば、SPP-1は東欧圏の水中拳銃と呼ばれる。

P11とは異なり、従来の筐体一体型銃弾を使用したことと中折れ式装填方式を採用したのがこの銃の特徴だぞ!

SPP-1君の詳細な銃のプロフィール

СПП-1 
SPP-1
種類半自動拳銃
製造国ソ連
メーカーTOZ (Tulsky Oruzheiny Zavod)
(Тульский Оружейный Завод)
トゥーラ兵器工場
生産年度1971年
動作ダブルアクション
有効射程水深20mで11m程度
空気中では20m程度
弾倉容量4発
重量1,030g(装填済み) / 950g(未装填)
長さ244mm
37mm
136mm
弾薬4.5 x 40mm R

ソ連の水中拳銃SPP-1の歴史

ダイバーの兵士や探索隊を武装させるための水中拳銃を開発するという課題は1968年に発表されたんだ。ダイバースーツの発達により、人間の活動範囲が広がったことによるな。まあ、潜水艦はもっと前からあった訳だが。

そこから開発が始まり、1971年にATPカートリッジ(防水の専用弾丸)と写真のような銃身が四つあるピストルが実用化された。銃はSPP-1(特殊水中ピストル)という名を与えられた。

SPP-1M(特殊水中銃) - スイマースキューバダイバーの武器

書くことなかったの!許して!!(涙目)

水中拳銃SPP-1の弾丸の特徴

この銃の開発におけるポイントだが、まず、水中での弾丸の移動条件は空中での移動とは根本的に異なるんだ。

銃弾から出てくる弾丸は密度(約800倍高い)、圧力、粘度の点で空気とは異なる環境に放たれる。さらに、水は非圧縮性だから弾丸が回転することにより生じるジャイロ効果は水中では空気中と同じようには弾軌道の安定性を保証してはくれないんだ。だから、銃身と弾丸のデザインを変えることによりその条件を補う必要があった訳だ。

そうして開発されたATP弾丸は、口径に比べて弾丸の長さが滅茶苦茶長くなり(比率約25:1 – 弾丸の長さは115mm)、13.2gの質量を有する。

この弾丸の形状によって水中で安定するのは、弾丸の周りにキャビテーション(空洞現象)が起こり空洞を形成するからなんだ(流体力学的キャビテーションの現象は、弾丸が水中で高速で移動するときに現れる)。

釘みたいだよな弾だよな

水中での弾丸の有効範囲は深さが増すにつれて低下するが、どの場合でも視界の範囲を超えるから問題はない。この場合、弾丸はダイビングスーツを着た敵を確実に敗北させる。さらに、SPPは水泳選手を危険な海洋捕食者から守るためにも使用できる。

水中拳銃SPP-1の銃身の特徴

SPPは4つの折りたたみ式のバレルを持っている。この見た目だけでめっちゃわくわくするよな!

なんでこうなったかだが、そもそも弾丸の長さが100mmを超えているのに銃身は145 mmしかないから当然弾倉は内蔵されていない訳だ。だから少しでも多くの弾を撃てるように四つのバレルを搭載したわけだな。

銃身を折って装填するところとか見るとちょっとリボルバーっぽいが、動作方法は全然違うんだ。

SPPのトリガー機構は、横断面内で回転するハンマーを含んでいて、引き金を押すたびにハンマー面は90度回転して、次のカートリッジの発射状態に入るわけだな。

リボルバーはシリンダーが回転することで薬室がハンマーに合わされるが、この銃はハンマーが動いて薬室に合わせるって感じだ。

な?面白いよなーー

SPP-1M(特殊水中銃) - スイマースキューバダイバーの武器


トリガーガードがでかいのはスイマーの三本指の暖かいミトンを装着した状態での射撃を想定しているからだ。

終わり、SPP-1はユニークな見た目だけど、ちゃんと水中利用可能!

皆、この銃のことどう思った?

ロシア(ソ連)は変な兵器を沢山開発してきたが、この銃は割と実用性のある凄い銃だと俺は感じたぞ!

まあ、あんま活躍することがなさ過ぎて知名度がないのが残念だがな。

ちなみに、ドールズフロントラインというスマホゲームにも登場しているから気になったらチェックだ!このゲームに登場している他の銃も記事にしているから良かったら見てくれよな!

さあ、今回はこの辺で終わろうと思う。

最後まで読んでくれてありがとうな!

それじゃあ、また会おう!

コメント