ロシアの近代拳銃MP-443の改良型MP-446 VIKINGを紹介

現代の装備や兵器の解説

MP-446の概要

ロシアの前世代の拳銃だったマカロフPMを交換するために作られたMP-443 Grachの改良型だ。

既存の金属製のフレームをプラスチックに置き換えて重量を減らし、携帯性を高めた拳銃。

ソ連解体後に製作された拳銃として2008年10月以降、ロシア正規軍に普及が進んでいる最中だという。

既存のロシア製拳銃とは異なり、見た目が全然違う。

動作はSIGとグロック社の拳銃を参考にして作られたそうだ。

MP-446の詳細な性能

名前MP-446«Викинг» (ロシア名)
MP-446 Viking(英名)
分類自動拳銃
製造国ロシア連邦
設計者 ウラジミール・ヤリギン (Vladimir Yarygin)
重量830g
全長196mm
銃身の長さ112.8mm
幅(幅)38mm
タンジョン9x19mm パラベラム、7N21 / 7N31 9mmロシアン
動作ショートリコイル、ダブルアクション
装弾数10(輸出用)、17 + 1

MP-446 VIKING-M and MP-446 VIKING – 9x19mm Luger / Parabellum

MP-446が擬人化したら(ドルフロ)

これはドールズフロントライン(ドルフロ)というスマホゲームに登場する美少女化したMP-446だ。

コメント

  1. […] ロシアの近代拳銃MP-443の改良型MP-446 VIKINGを紹介MP-446の概要ロシアの前世代の拳銃だったマカロフPMを交換するために作られたMP-443Grachの改良型だ。既存の金属製のフレームをプラスチッ […]