ドルフロで有名になったLARグリズリー拳銃とその兄弟をご紹介

現代の装備や兵器の解説

LAR Grizzly Winchester Magnum

LAR Grizzly Winchester Magnum(Win。Mag。)

簡単に説明すると、銃の設計者フェリーアネット(Perry Arnett)が特許を受けたM1911の大口径に改造したモデルだ。

改造モデルではあるが、特許を取得したためにLAR社が独自の商品として販売する事が出来た。

しかし、一般的に大口径の自動拳銃としてはIMI Desert Eagleが有名で認知度は非常に低いのが残念なところだ。

最近はドールズフロントラインで☆五という高ランクのの拳銃として登場した事で、関心が高まっているようだ。かくいう俺もノーマークの拳銃だった……(笑)

様々なグリズリー拳銃の派生型

LAR Grizzlyには様々な派生型がある。

それぞれの主な違いは使用弾薬だ。

パーツを購入すれば自分で改造することも可能らしい。

それぞれの使用弾薬は以下に記すぞ。

特に0.50AE弾を使用できるLAR Grizzly MarkV はそのすさまじく強力な威力から、注目も割と高かった。割とね。

LAR Grizzly Mk V

LAR グリズリーのそれぞれの使用弾薬

  • .45 Winchester Magnum:Mark I、Mark II
  • 9mm Winchester Magnum:Mark III
  • .44 Magnum:Mark IV
  • 0.50 Action Express:Mark V
  • .45 ACP:カスタム改造
  • 10mm AUTO:カスタム改造
  • .357 Magnum:カスタム改造

登場するゲーム

  • ドールズフロントライン(少女電線):0.50 AE弾を使用するMark Vモデルが5つ星のピストルに出てくる。

対物狙撃ライフル:LAR Grizzly Big Boar

LAR Grizzlyが名前に付く銃がもう一つある。それがこのLAR Grizzly Big Boarだ。

これはさっきの拳銃と違って、単発(Single Shot)ボルトアクション方式の狙撃ライフルだ。

.50 BMG弾(BrowningM2機関銃要用の弾丸)を使用するにも関わらず、反動は12口径散弾銃と同じようなレベルだという。

仕様
口径12.7mm
使用弾薬.50 BMG
銃身の長さ91.4cm
装弾数1足
動作単発ボルトアクション
長さ115.6cm
重量13.8kg
有効射程2743m

登場媒体

  • ロストワールド(ジュラシック・パーク): ハンターが使用する麻酔弾発射銃として登場する。

コメント