クロアチアで生まれたポリマー拳銃HS2000,スプリングフィールドXDを紹介

現代の装備や兵器の解説

HS2000,スプリングフィールドXDの概要

XDという名称は、クロアチアのHSプロダクトが製造したHS2000という拳銃を、米国のスプリングフィールドアーモリー社からライセンス製造販売して付けられた米国の販売名称だ。XDはエクストリームデューティという意味だぞ。

HS2000(XD)はグロックのようなストライカー方式の自動拳銃だ。HS2000は1999年に製造された製品であり、XDは2002年からスプリングフィールドが作り始めたものだ。

基本的には同じ銃だが、スプリングフィールドが少し手を加えてデザインをより柔らかいものに変え、弾種とモデルのラインナップを増やし、米国市場に合わせてマーケティングをした。

その結果、2010年代に入ってポリマー拳銃を推薦するときS&W M&Pと並べられるほどの人気を得ているぞ。

第一の特徴は、M1911のようなグリップセーフティがある事だろう。グロックのようにトリガーセーフティを持ったのはもちろんのこと、ドロップセーフティも内蔵しており、外部手動安全装置を装着したモデルも作られている。だからストライカー類のポリマー拳銃の中では一番安全だという評価を受けている。

使用弾種は9mm、40 S&W、.45 ACP、.357 SIG、.45 GAP。

装弾数は基本形であるXDサービス(Service)シリーズのラインナップ基準で9mmは16発、40口径は12発、.45口径は13発である。.45口径は40口径よりも太いのになぜ装弾数が多いのかというと、.45口径モデルを開発する際により多い装弾数を得ることができるように改良したためだ。

スプリングフィールドXD(HS2000)派生型

  • XDサブコンパクト
    バレルはわずか3インチで使用弾薬は9mmと.40 S&Wの二種類、装弾数は9mmが基本13発/延長型弾倉16発で、40 S&Wは基本9発/延長弾倉12発である。
  • XDサービス(Service)
    バレルは4インチで使用弾薬は9mm / 40 S&W / .357 SIG / .45 GAP / .45 ACPが存在する。延長弾倉はなく、装弾数は9mm 16発、40 S&W 12発、.357 SIG 12発、.45 GAP 9発、.45 ACP 13フィートである。
  • XDタクティカル(Tactical)
    バレルが5インチに延びたのが最大の特徴で、そのほかの使用弾薬と装弾数は上のサービスと同じである。
  • XD-S 
    シングルスタック弾倉を使うポケット件バレルサイズに応じて3.3インチと4インチが存在する。弾薬は9mmと.45口径だけで装弾数は9mmが基本7フィート/スリーブ型弾倉9発で.45口径は基本5発/スリーブ型弾倉7フィートである。
  • XDM
    グリップのバックストラップを交換可能な改良型で、Mは「Match grade barrel&Match grade trigger」を意味する。3.8コンパクトと通常の3.8インチ/4.5インチ/5.25インチコンペティション(Competition)モデルが存在する。
    • 3.8コンパクト:使用弾薬は9mmと.40 S&W、.45 ACPで装弾数は9mmが基本13 /スリーブ19の足で40 S&Wは基本11 /スリーブ16発、.45 ACPは基本9 /スリーブ13フィートである。
    • 3.8:使用弾薬は9mmと.40 S&Wで装弾数は9mmが19発、40 S&Wは16フィートである。
    • 4.5:使用弾薬は9mmと.40 S&W、.45 ACPで装弾数は9mmが19発、40 S&Wは16発、.45 ACPは13フィートである。
    • 5.25:4.5と同じである。

HS2000,スプリングフィールドXDの採用国

HS2000は、クロアチア軍警が使用中で、イラク警察も使用中。XDは米国の民間市場と警察の市場で人気がある。

HS2000が擬人化したら

スマホゲームのドールズフロントライン(少女電線)に5つ星のハンドガンとして登場する

映画

  • ホワイトハウスダウン -主人公「ジョンケール」がXD-45タクティカルモデルを使用する。涼しく連写する場面が一品。

コメント